CASEC SPEAKING対策はどうすればいいのか?

教材や講座はあるのか?

そこで、CASEC SPEAKING対策と、内容を要約してまとめました。

具体的にCASEC SPEAKINGはどの程度のレベルで、結果・スコアを伸ばすための対策はどうすればいいのか?

そこで、CASEC SPEAKING対策の発音理解と、トレーニング方法についても掲載しています。

[PR] 発音の音声変化を理解してスコアアップ

CASEC SPEAKING TESTの内容(要約)

まずは、対策する前に、CASEC SPEAKINGのテスト内容を要約しました。

具体的にどのような試験なのか確認して、対策を進めてみてください。

テスト内容・レベル

CASEC SPEAKINGとは、オンラインのみで受験できる英語のスピーキングテストです。

英語レベルは初心者からでも受験する事ができますので、英語学習の初心者でもチャレンジする事ができます。

問題はウォームアップ1問と6つのパートの合計13問で、受験時間は20~25分で終了します。

パートの主な内容をまとめると以下のようになります。

Part Contents
1 「ごめんなさい」などの定型文を言う
2 短い質問に答える
3 質問に対し、たくさん答える
4 電話などをロールプレイ
5 絵を見て複数説明する
6 質問に対し、自分の意見を言う

出典:CASEC SPEAKING

結果・スコアレポート

CASEC SPEAKINGでは、テスト修了後にスコアレポートを見る事ができます。

総合点も出ますが、具体的な項目として発音、流暢さ、語彙力、文法力の4つの評価が表示されます。

つまり、自分の英語スピーキングの弱点を知る事ができ、今後の学習に役立ちます。

また、過去4回分のテスト結果も出ますので、どのように伸びたかもチェックする事ができます。

CASEC SPEAKING レポート1 CASEC SPEAKING レポート2

出典:CASEC SPEAKING

申し込み

当記事の作成・修正時点では、CASEC SPEAKINGの受験は残念ながら団体のみで、個人受験ができません。

個人受験の場合は、アメリカ大使館などで導入されているVersant(ヴァーサント)など、他の英語スピーキングテストを受験した方が良いでしょう。

Versantの概要や対策法については別のウェブサイトでまとめましたので、こちらも参考にしてみてください。

団体受験したい方は、CASEC SPEAKING公式サイトからアクセスしてください。

CASEC SPEAKING 公式サイトへ

Versant対策の総合情報サイト VersaUP!

CASEC SPEAKING 3つの対策

CASEC SPEAKINGの公式サイトを見ても、公式や専門の教材なども見当たらず、攻略法はどのようにすればいいのか悩んでしまうかもしれません。

そこで、英語スピーキング力を向上させるのに役立つ方法をいくつかご紹介します。

ネット環境の準備

はじめに、ネット環境が整っていないと、テストを受ける事ができません。

容量が少なかったり、遅いネット・サービスを利用すると、テストをスムーズに受ける事ができないでしょう。

できれば光インターネット回線が理想ですが、ご自分の予算などに合わせて検討してみてください。

比較的安いものだと、GMO WiMAXが提供する、容量無制限のポケットWiFiがオススメです。

参考記事:GMO WiMAXの通信制限は?3日間で速度制限解除?

発音の理解

英語スピーキング力を伸ばすには、日本人が苦手としている英語の発音を徹底的に理解する必要があります。

発音には弱形・強形の2種類がありますが、日本人がカタカナ英語の発音で学んでいるのは強形になります。

「弱形・強形」については「音声変化」という表現で教えている講師もいます。

弱形の例でいうと、TO(トゥー)という単語は、実際の英会話では「タ」「ダ」「ア」と発音する事もあり、4つ以上の発音があります。

こちらを教えてるのが「笑っていいとも」や「世界一受けたい授業」に出演経験があるサマー先生です。

この「弱形・強形」又は「音声変化」をしっかりと理解してトレーニングする事で、スピーキング力だけでなく、リスニング力も向上します。

まずはこれらをしっかり押さえてCASEC SPEAKINGのスコアアップに繋げてみてください。

わかりやすくてオススメなのが、すでにご紹介したサマー先生から学ぶのが良いと思います。

サマー先生から発音の音声変化を学ぶ

話すトレーニングの量と質

英語のスピーキングが苦手だという方の特徴として、単純に練習量が少ないというケースがあります。

本人の生まれつきの性格もありますが、やはり英語学習のモチベーションをいかに維持するかという事も重要です。

また、効率的で効果的なトレーニング法で行う必要もあります。

有名なスピーキングのトレーニング法をいくつか挙げると、「シャドーイング」と「瞬間英作文」というものがあります。

①シャドーイング

シャドーイングとは、聞こえた英会話フレーズをそのままアウトプットするスピーキングのトレーニング法です。

リスニング力も問われ、聞こえた通りに発音する必要があるため、発音力や流暢さもトレーニングできます。

②瞬間英作文

瞬間英作文とは、日本語の文を英訳して、そのまま口でスピーキングするトレーニングです。

言いたい事を瞬間的に英語で話す練習にもなります。

例えば、以下の動画では、「私のノートパソコンに問題があります」をすぐに英訳してスピーキングします。

これらのシャドーイングや瞬間英作文などのスピーキング・トレーニングを、たっぷりと行う必要があります。

これらは独学でもできますが、どうしてもモチベーションが上がらずスピーキング力が伸びなければ、英語コーチングを利用するのも一つの手です。

英語コーチングを詳しく見る

CASEC SPEAKING対策に役立つ人気サービス・教材5選

当記事の更新時点では、CASEC SPEAKING公式の対策教材やサービスは見当たりませんでした。

通常のCASECでも同様ですが、他の英語資格対策など、総合的な英語学習をする事で結果を上げるようなテストになっているようです。

そこで、スピーキング力アップに役立つ人気のサービスや教材を5つ厳選しました。

すでにご紹介した発音理解、シャドーイング、ディクテーションのトレーニングをする事ができます。

それぞれ形式や料金などが違いますので、あなたに合ったものを選んでみてください。

発音の音声変化に特化した教材

TV番組「世界一受けたい授業」や「笑っていいとも」などにも出演経験のある、サマー先生が教える発音教材です。

発音の「音声変化」を教える、発音に特化した教材になっています。

そのため、スピーキング力向上だけでなく、リスニング力UPにも役立ちます。

まずは発音をよく理解する事で、スピーキングの基礎力が上がりますので、チェックしてみてください。

PRIME ENGLISHを詳しく見る

高学歴など優秀な講師が多いオンライン英会話

CAMBLY(キャンブリー)は、世界的に提供されている人気のオンライン英会話です。

参考記事:Cambly・NativeCamp・DMM英会話・レアジョブとの比較

先生は講師歴が長い、高学歴と優秀な方が多いため、スピーキング力を伸ばすのに効果的です。

期間・受講回数・レッスン時間を細かく設定でき、その内容に応じて料金が変わります。

そのため、資金に余裕があれば短期集中で、厳しければ回数を減らして安く済ませる事もできます。

以下、プロモーションコードを入力すると、最大42%割引になります。

▼プロモーションコード▼
newstart10

期限:なし
内容:10〜42%OFF (長期コースは長期割引併用可)
適用方法:Cambly登録後の管理画面から紹介コードを入力

キャンブリーを詳しく見る

大人気!日常英会話のスピーキングアプリ

iPhoneやAndroidアプリのダウンロードサイトで評価の高い、リクルートの「スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース」です。

こちらは、オンラインのみで学習するアプリと、そのカリキュラムと元にオンライン英会話でも学習できるプランがあります。

日常英会話のスピーキングの特化していますので、CASEC SPEAKINGでも役立ちやすいと思います。

7日間無料体験できますので、まずはお試ししてみてください。

7日間無料体験を詳しく見る

大人気!ビジネス英会話のスピーキングアプリ

こちらも同様に人気のリクルート「スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース」です。

ビジネス英語に特化したコースですので、CASEC SPEAKINGのスコアアップだけでなく、ビジネスでも英語を使う方向けです。

同様に、アプリだけで学習するプランと、さらにオンライン英会話もセットでトレーニングできるプランがあります。

こちらも7日間無料でお試しできますので、まずは体験してみてください。

7日間無料体験を詳しく見る

英語学習は自習が9割!英語コーチング

基本的にレッスンではなく、自習形式で英語コーチングをしてくれるサービスのPROGRIT(プログリット)です。

参考記事:PROGRITとは?その意味は?内容とメソッド

経営者で元サッカー日本代表の本田圭佑さんや、元水泳選手の北島康介さんも受講しているサービスです。

こちらのサービスは基本的に自習ですが、プロの英語コーチが個別学習プランの作成からチャットなどでサポートしてくれます。

どうやってスピーキング学習を進めていいかわからない場合は、こちらのサービスに頼った方が良いかもしれません。

プログリットを詳しく見る

CASEC SPEAKING対策まとめ

CASEC SPEAKINGは、パソコンのみで受験できる英語スピーキングテストです。

テスト結果やスコアはレポートが出るため、弱点がわかりやすく、今後の対策をしやすくなっています。

ただし、団体のみですので、個人受験の場合はVersant(ヴァーサント)など他の英語スピーキングテストを受験する必要があります。

もし、スコアアップしたい場合は、発音の理解と、スピーキング練習の量と質が重要です。

スピーキング力UPには、TV出演もされている人気講師が教えている教材やサービスもありますので、活用してみてください。